酸洗処理とは

金属表面を洗浄するための酸洗い

酸洗いとは酸性の溶液に金属製品を浸すことで汚れや油を取り除く洗浄方法です。金属加工によって付いてしまう油汚れや、溶接によってつく黒い被膜などの汚れをきれいに除去できるため見た目が良くなり、ステンレ…

Read more »

メッキや塗装を下地処理するための酸洗い

酸洗いが使われる主な用途として、メッキや塗装の下地処理があります。酸洗いをすることで、金属表面に形成されている酸化被膜を取り除いたり、油を除去します。これだけでもメッキや塗装を均一に行うことができ…

Read more »

ステンレスの表面に被膜を再形成するための酸洗い

ステンレスの持つ錆にくさは酸洗いで生まれる

酸洗いとは酸性の溶液に金属製品を浸すことで表面の汚れなどを一掃する洗浄工程です。複雑な器具などが必要なく内容も単純なのでかかるコストも低く、多くの金属製品に行われている方法でもあります。ステンレスにおいては表面を綺麗に洗浄することで含まれるクロムと空気がふれあい皮膜を形成し、その被膜がステンレスを守ることで錆などの腐食から守ってくれるという効果があります。また研磨加工などとは違い金属が削れるようなこともなく、負荷もかからないので変形しやすいものにも使えるため金属製品であれば大抵のものに有効に行えるのも強みです。しかしあまり細かい隙間などがある場合、酸性溶液を完璧に取り除くことが出来ず、のちのち隙間に残っていた溶液が染み出して汚れになる事もあるので、液体が残りやすい細かな隙間があるものの場合注意が必要です。

酸洗いによってステンレスが錆びにくくなる理由

酸洗いでステンレスを綺麗にしてクロムと酸素を反応させた場合、液体の処理なので全体に均一に行うことができるため、ムラのない被膜を作ることができます。また不動態皮膜と呼ばれるこの被膜は時間がかからず瞬間的に形成されるため、日常使用などで多少削れてもすぐに元通りになる特徴があります。また何かのトラブルによって不動態皮膜にムラができてしまったり、表面が錆び始めてしまったりなどした場合も再度酸洗いをすることにより錆を落とし、被膜を再形成することで錆にくさを取り戻すことができます。ステンレス製品などは基本的にこの不動態皮膜による保護を活かすために塗装などがされず、酸洗いを最終工程とした製品が殆どを占めます。

初心者でも分かりやすい!酸洗い

酸洗いのメリット

酸洗いとはその名の通り、金属を塩酸や硫酸などを使って洗浄する処理で、金属製品にメッキ加工をする際には必ず行っています。特に熱処理や溶接を行った金属製品は腐食しやすいため、欠かせない工程です。酸洗い…

Read more »

酸洗いのデメリット

金属を溶接加工する際には、表面に酸化被膜が発生します。これはスケールと呼ばれるもので、ロウ付けなど熱処理によって起こる現象です。金属表面にスケールがあると、メッキの密着不良のもとになります。また、…

Read more »

酸洗いの注意点

金属を加工したり溶接をする場合やメッキ加工をする場合には、前処理として酸洗いを行います。酸洗いは金属の表面の酸化被膜を取り除くことで、溶接強度を増したりメッキを付きやすくする処理の事を言います。酸…

Read more »